03-6848-1200 受付時間:平日 9:30~18:00 info@strain-inc.com

子どもが「物を投げる、泣き叫ぶ、大きな声を出す」などといった、親にとってはとても困る行動を起こして悩んだことはありませんか?

悪いと分かっていながら”ワザ”と困るようなことをして大人の反応を見ようとするこの行動は、「試し行動」と呼ばれています。

本日は、この試し行動の対処法を3つご紹介いたします。

 

【対処法】

◆悪いことはハッキリ伝える

怒鳴ったり見て見ぬふりをして放置をしたりと、解決策を後回しにするのではなく、悪いものは悪いときちんと説明しましょう。

やって良いことと悪いことの区別をしっかりつけてあげることで、多少時間はかかるかもしれませんが、子どもは「ダメなことはダメなんだ」と理解することができます。

 

◆誘いかける(前向きな)言葉がけ

「~してはいけません!」という否定言葉ではなく、「~してくれないかな?」と誘いかける言葉に変えてみましょう。子どもは、自分は必要とされていると思うことができ、意欲的に親の言うことを聞いてくれるようになります。

 

◆「大好きだよ!」と伝える

きちんと説明した後には、「ママは〇〇ちゃんのことが大好きだよ!」と必ず伝え、笑顔で接し、ギュッと抱きしめてあげましょう。

どんな姿も受け入れることを、言葉や態度で伝え続けることで安心感が増し、愛情を確認したいと思っている子どもの不安感を取り去る事ができます。

 

試し行動は、愛情を与えるチャンス!

子どもの様子をよく観察し冷静に対処することで、親子の信頼関係をしっかり築いていきましょう。

 

参考サイト

ステキなママになるための子育てメソッド「マーミー」

https://moomii.jp/kosodate/try-action.html

生活情報総合サイト「All About」

https://allabout.co.jp/gm/gc/441601/

幼児教室・ならいごと探しの「ならいごとキッズ」

https://naraigoto-kids.jp/magazine/topic/what-should-parents-do-to-kids-trial-action/

無料体験レッスン開催中♪

ヒューマジックスクールのレッスンは、学歴や仕事など将来の成功を支えると言われている「非認知能力」を育てるレッスンです。
この「非認知能力」は、幼少期に鍛える事が非常に重要です。
人工知能(AI)がますます発達する未来に向けて、人間にしか出来ない能力を育てましょう!

毎月2回、無料体験レッスンも開催しておりますので、是非お気軽に足をお運びください。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。